副業ブーム!フリーランスの経済規模増加中!

就職にとらわれない現在の働き方

ランサーズ株式会社の調査によるとフリーランスの人口は2017年時点でおよそ1100万人とほぼ変わらないのですが経済規模は前年から9%増加したとのことです。

年間の就任も165万円から12%増加186万円とのことで副業ブームや働き方改革、仕事の意識の変化などあいまりフリーランスの規模が広がっているようですね。

もう就職するのが当たり前で定年まで働くのが美徳みたいな価値観ではやってけないですからね。

フリーランスはリスクもあるし、責任は自分で負わないといけない点はきちんとリスクマネージメントしないといけないとはいえ、せまい会社内での縛りから解き放たれるのは何にも代えがたいメリットなのかもしれませんね。

結果さえだせば確実に収入アップにつながるわけですし。

フリーまでいかずとも正業をもちながら技術や知識を隙間時間アウトプットして収入を得るという考え方はこれからの時代重要なのかなと思いますね。

好きなことだけに時間を割いてやりたいことは全部やってそれを収入にしていこうっていう堀江貴文さんの多動力にもつながるものだと思います。

自分の人生ですからねー豊富な選択肢をもっていたいものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする