激闘!2002年朝青龍VS貴乃花!

スポンサーリンク



過去の取り組みで凄い勝負を見ました。

しかしほんとにほんとの真剣勝負だんだんですね。この取り組みはみててゾクっとさせられます!観客の盛り上がりも半端じゃないです。

貴乃花さんは負傷で満身創痍の中、土俵に上ったみたいですね。この時朝青龍さんは大関。これから大横綱になるんですね。

もう立ち合いから観客のボルテージも最高潮です。

この場にいたら誰も高まりを抑えられませんね!画面越しでもお二人の気迫がビリビリきます。

スポンサーリンク



こうみてみると全くもってタイプが違う2人ですよね。朝青龍さんのもうとにかく勝つっていう勝負に対する気迫の執念というか。。ある意味子供のように純真にひたむきにこの取り組みに向かって言ってるような印象です。

対して貴乃花さんは優雅というか品なのか。。でも全くスキのない神がかった強さみたいな。高貴さを感じるんですな。

そして始まる取り組みもものすごいですね。ぶつかり合う瞬間の

力と力!音が重い!!数秒で決着という試合も多い相撲ですが長いですね!見ている側は息するの忘れます!!

勝負は貴乃花さんが朝青龍さんを最後引きずりおろして勝ちます。アナウンサーの「貴乃花が朝青龍を引きずり下ろしました!」っていうのが良い!

なんか物凄い強い獅子みたいな若手を満身創痍ながら積み上げてきた技や力を出し切って最後は意地とかプライドでねじふせて勝利するみたいな。

貴乃花さんの取組後の紳士的な振る舞いが非常に自然でかっこいいですね。取り繕った仕草じゃない人間性が出てるなと思います。

賛否はあるかもしれませんが、朝青龍さんの土俵をおりてゲートを出る際のチクショウ!!!

がまた良い!どれだけく勝負にこだわっているのか感じますね。

自分は20代ですがこの勝負見たらウルっとするのは歳なんでしょうか。。。

考えたら相撲って勝負自体は数秒でおわることも多いし長くて数十秒ですよね。その数秒の取り組みのために徹底的に精神も肉体も鍛えぬいた男たちの死闘。

中でも伝説といえる大一番の取り組みを動画とはいえ見れるのは嬉しいですね。
スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする